ピルを飲める人、飲めない人

ピルは避妊薬であると同時に、生理の症状が重い月経困難症や子宮内膜症、PMSの治療、ニキビの治療、更年期障害の改善など多くの病気や症状に使用されています。
しかし、誰でもピルを服用できるわけではありません。
ピルを服用できない人は、主にこれらの条件に合致する人になります。
・35歳以上で1日の喫煙数が15本以上の人
・乳癌、子宮体癌、子宮頸癌、子宮筋腫にかかっている、または疑いがある人
・血栓症、高血圧、心筋梗塞にかかったことがある、またはその疑いがある人
・心臓、肝臓、腎臓に病気がある人
これは、ピルを服用することによる副作用が理由です。
女性ホルモンの働きで、ピルを服用しているときには妊娠している状態になっています。
妊婦は出産などの時に出血した場合、すぐにそれを止めなければならないため、血液が固まりやすい状態になっています。
そのため血栓ができやすくなってしまうため、そのリスクが高い人は服用をしてはいけないと言われています。
他にも手術をする予定がある人や、手術を終えて時間が経っていない場合にも服用は出来ません。
また、女性ホルモンが配合されているため、女性ホルモンが関係する婦人科系の癌などにかかっている人は服用できません。
・妊娠中の人、授乳中の人も服用を禁じられています。
ピルの成分が赤ちゃんにどんな影響を及ぼすのかが判明していないこと、母乳に女性ホルモンが出てしまうため、赤ちゃんへの影響を考えて服用が禁止されています。
逆に服用をできる人は、10代~50歳ごろまでの女性です。
上記以外にも薬の飲み合わせの禁忌がある人や、太りすぎている人は服用することができません。
詳しいことは医師に相談してみましょう。

安全なピルの処方と正しい服用

日本では、ピルの市販はされていません。
利用するには、婦人科を受診して処方してもらう必要があります。
ピルは、長期間服用することを前提に研究・開発された医薬品なので、認可されているものは安心して使うことができます。
ただし、乳がんや子宮がん、高血圧、肥満、高齢、喫煙習慣などピルを飲めない人や、注意が必要な人がいます。
そのため、通販で海外から購入する場合でも、初回は医療機関を受診し、その後も定期的に検診を受けることをおすすめします。
ピルは、生理の1日目から毎日1錠ずつを同じ時間に服用します。
21錠タイプのピルは、シートの最後まで飲んだら、7日間薬を休んで、次のシートを飲み始めます。
28錠タイプは、シートの最後の7錠がプラセボ錠で薬の成分が入っておらず、この7錠を飲んでいる期間が薬を休む期間になります。
そのため、シートの最後まで飲み終えたら、すぐに次のシートに移ります。
毎日同じ時間に飲むのは、体内のホルモン濃度を一定にするためなので、時間のずれや飲み忘れのないように注意します。
時間は、朝晩いつでもいいのですが、洗面時や寝る前など、生活習慣に組み込んで、忘れないように工夫しましょう。
飲み忘れが24時間以内なら、気づいたらすぐに飲み忘れた分を飲み、その日の分も通常通り飲みます。
24時間を超えた場合には、避妊効果がなくなりますので、いったん服用をやめて、生理が始まるのを待ちます。
生理が始まったら1日目から飲み始めます。服用をやめている期間は、他の避妊方法をとります。
ピルは、正しく服用していれば、ほぼ確実に避妊できます。
生理開始日から飲んだ場合には1日目から効果がありますが、開始が遅れた場合には、最初の1週間は他の避妊方法と併用してください。

ピルは今や個人輸入で購入可

日本ではピルが市販されておらず、入手するには医療機関を受診する必要があります。
ところが、海外では市販されていることが多いので、個人輸入すれば処方箋なしで購入できます。
インターネットが発達した現代ならではの入手方法です。
インターネットの個人輸入には、次の2つの方法があります。
1つ目は、海外の販売サイトから直接購入する方法です。
仲介業者を通さないので価格が安いのがメリットですが、日本に届けてくれない場合や、日本のクレジットカードが使えないことが多く、送料が高くなるというデメリットがあります。
もちろん、日本語ではないので、語学力も必要です。
2つ目が、個人輸入代行サイトの利用です。
料金に手数料が含まれますが、日本語のサイトで日本のクレジットカードが使え、普通の通販サイトの感覚で利用できます。
トラブル防止のためにも、個人輸入代行サイトの利用をおすすめします。
ピルは、個人輸入代行サイトで購入する場合には、次の点に注意しましょう。
ピルは、継続して長期間服用する薬なので、確かな品質であることが重要です。
利用するサイトが信用できるかどうかを十分確認し、正規品を購入してください。
値段だけで選び、正規品と偽った粗悪品だった場合、避妊の効果がないだけでなく、健康を害する恐れもあります。
実績のある安心できるサイトを利用しましょう。
また、輸入するため、ピルが届くまでに日数がかかります。
輸送日数も見込んで、余裕を持って注文するようにしてください。
ピルは、医師に処方してもらうより、個人輸入で購入した方が安くなりますが、長く服用するなら、定期的に検診を受けて健康チェックを怠らないようにすれば、さらに安心で安全に利用できます。