ピルと痛みの無しと子宮について

ピルとは、女性が避妊のために使うお薬であり、同時に子宮内膜症、または月経困難症などの女性の生殖器関係の病気などの治療に使われるものであります。

子宮内膜症の治療にピルが使われることは、たびたびテレビで芸能人などが明かしていることもあり、また、医療機関でもピルを使っての子宮内膜症の治療などを行っているところがあります。

月経困難症という辛い病気は、とても厳しく、大変痛いものであり、女性は毎月、生理が1月に1回、おおよそ3日から7日ほどの間、続きますが、この月経困難症という病気にかかっている方の場合、その生理期間中、物凄い痛みが体、子宮の部分を中心などにして、続きます。

痛みが無いという人も、生理を体験している女性にはいますが、これはとても個人差があり、女性でも生理痛に全く痛みを感じ無いという人もいれば、逆に、上記のように酷い痛みに毎回苦しめられている女性が多くいます。

痛みの個人差は、たとえばお母さんが痛みを感じる方である場合は、生理痛の時に痛みを感じやすい、遺伝などのような仕組みもあるようで、逆にお母さんが痛みに対して無である場合には、娘さんも生理痛など体験したことがない、というくらいの差があります。

さて、この月経困難症を改善してくれるピルは、子宮や女性ホルモンなどのバランスなどを整えてくれるとされています。

使用については、とても取り扱いが厳しいため、管理などには、名前などをしっかりと記入するなどの他、他人のピルと間違ってしまわないように、注意が求められています。

特に、家族で同じピルを使用している場合に、飲み間違いや、時間の間違いなどがあっては、とても大変なことになってしまうからです。