ピルシートの利便性を高めるアクセサリーケース

ピルのシートは21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。このうち、21入錠タイプの場合は、1日1錠を飲み、21日で1シートのピルがなくなるため、7日間の間を置いて新しいシートを使用します。この7日間は休薬期間にあたりますが、それまで飲んできたピルの効果で排卵は起こりません。また、この間に月経様の消退出血が起こるため、言わば日数を調整する期間にあると言えます。

ならば、28錠タイプの7錠分はなんであるのかと言うと、これは薬の成分が入っていないダミーです。要は、7日間ピルを飲まないことで服用する習慣を忘れないように、にダミーを飲んで習慣を続けるというだけのものなのです。そのため、この7日分は、飲み忘れても問題はありません。ちなみに、休薬期間が6日でも8日でもなく7日なのは、生理の周期を調整するという意味合いがあります。

しかし、ここで問題となるのが、その保管方法です。使いかけのピルシートをなくしてしまっても、新しいものを使えばよいだけなのですが、服用の習慣や周期が重要であるだけに、思わぬ混乱を招きかねません。そのため、今日では、専用のアクセサリーケースが販売されており、これにピルを入れて保管できるようになっています。

こうしたアクセサリーケースは、外装に趣向を凝らしているだけでなく、カレンダーが付いていたり、細かい仕切りを利用してピルを日ごとにセットできたりするなど、内装的にも様々な工夫が見られます。また、これらの機能は、同じく定期的な服用が必要な他の薬を服用する際にも便利であるなど、応用も利きます。さらに、アクセサリーケースは安価なだけでなく、様々な種類があるため、自分に合ったものを探してみると良いでしょう。