最近日本でも認知度が上がったピルの特徴

健康な男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。これが結婚をしていて将来を共に生きようと考えている人たちでは嬉しいものですが、そうでないと困ってしまい、産むか産まないかということで揉めることもあるでしょう。もしも、子供が出来てしまったら困るという場合には、避妊をするようにしましょう。
日本においては避妊方法として知られているのが、男性の付けるコンドームになります。これは男性のよる協力が不可欠であるものであって、ラブホテルなどにも置かれているくらいメジャーなものになります。そのほかにも、IUDやペッサリー、フィルムなどいろいろな方法があります。しかし、最近一般的に知られるようになっているのが、女性が服用する経口避妊薬である低用量ピルがあります。
低用量のピルというのは、ホルモン剤の入っているものであって、特徴としては服用することで生理周期を整えて、排卵を抑えることができるようになっているのです。ですから、排卵日近くになっても妊娠をする可能性がないのです。しかし効果を発揮するためには正しい服用が大切になります。
日本においては、低用量ピルというのは産婦人科を受診して処方をしてもらうことのほかにも、海外からの個人輸入により入手することができるようになっているのです。
また、日本でも緊急用の避妊薬も少しずつ知られるようになっているのです。その特徴としては、中用量のホルモン剤であって性交渉のあとに72時間以内であれば、服用することできてしまった受精卵を子宮内に着床させないような働きをするのです。
こういったピルの種類による特徴を知ることで、うまく使い分けて避妊をしていくことができるのです。